草の根チャリティー

  • 2011/04/12(火) 04:53:23

アメリカでも、日常的に日本へ向けた募金の為のチャリティー活動が色々行われています。
近所のスーパーマーケットにも募金箱が設置されたり、色々な所で見かけます。


アメリカでは、学校やスポーツチームの為に、それぞれの家庭で、協力してくれる企業からチョコレートやクッキーの素などを購入して、子供達がそれを自分たちで売って、自分たちの為に資金を稼ぐという教育にもなる慣習があります。その売り上げの何パーセントかが、主催の学校やチームに寄付されるという物です。
ウチの娘達は地元のソフトボールリーグに参加しているんですが、そのリーグでも、定例でマクドナルド・ナイトという寄付を受ける為の運動が定期的に行われます。マクドナルド・ナイトというのは、地元のマクドナルドの店舗がチャリティーに協力して、決められた日の夕食時5:00〜8:00pmの売り上げに応じてマクドナルドが寄付してくれるものです。その時間帯はコーチ達が店員となって注文を取るので、子供達も楽しんで盛り上がります。そして、このリーグでは今回のマクドナルド・ナイトのチャリティーで得る寄付の半分を赤十字を通して日本へ募金する事になりました。

それにもう一つ、このソフトボールリーグは日本へ募金する為のチャリティートーナメントを再来週開きます。進行中のリーグ戦とは別に1日限り、ただ楽しむ為のトーナメントです。参加各チームから参加料を集めて日本へ向けて募金します。

アメリカの良い所、「人助けは当然、良い事は進んでやる。」部分ではないでしょうか。

日本からは見えてない所でも、人々は応援しています。
頑張っていきましょう!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する