A Sunday - 2

  • 2011/05/17(火) 02:41:37

お待たせしました。つづきです。

エンジン停止!
WTF!
えっ? アクセル踏むが「ボ〜↓・・・」
何?何? オルタネーター? でもウィンカー点いてるから違う。
とりあえず惰性で出口へ向かって出口に停車。

良かった交通量の少ない日曜の朝で。
セルを回してみると、セルは普通に回る。やはり、バッテリー周りは異常なし。
でも、エンジンは掛からず・・・。
Hoodを開けて、エンジンルームを見てみると、
Hood内側のインシュレーターからボタボタと水が垂れている。
洗車時の水?でも、その後ずっとフリーウェイ走って来たから、そのせいじゃないはず。
クーラントの色も匂いも無いし。
イグニッションコイルまで濡れている。
ショートしてコイルが逝ったとか?いや、そんな簡単に逝かないだろう。
デスビキャップも外してみるが、内部には水は入っていない。
エアクリーナーを外してみると、内部に水滴が付き、フィルターは濡れ、キャブ上面の凹んでいる部分には水が溜まっている。
WTF is this? なんだこりゃ?
とりあえず車内にあったファストフードの紙ナプキンで水を吸い出しキレイにして、
またセルを回してみるが掛からない。
知り合いの積車呼んで家に運ぶしかないかとか考えながらも、
謎の水がシリンダー内に結構な量が入ってプラグがかぶったんだろうという結論に達し、
少し待ってまたセルを回すと、掛かりそうな感じに。
また少し待って、トライすると・・・

掛かった〜!
インテーク〜シリンダー内を綺麗にしよと、ブォッブオッ〜と吹かしながら
運転席から、開いたHoodとカウルパネルの隙間からエンジンを見てみると
ヒューエルラインのキャブの手前あたりから何か噴き出してる!
「ガソリン?」あわててエンジンを止め、その部分を見てみると
ヒューエルラインの横のヒーターホースのクランプ付近に小さい切れ目が入ってそこからクーラントを噴いていた。
長い間置き場に停めておいて、その後もたまにしか乗っていないんでクーラントが腐る?
劣化して色もなく、タダの水とシリコンとかの成分に分離していて、本来の色も、においも粘りもなくなっていて「謎の水」状態になっていたのだった。

エンジン停止の原因は、劣化したヒーターホースのインテークのフィッティング付近に入った小さい切れ目が偶然にもキャブに向かっていて、「ポ〜〜!」とエンジンが高回転になった時に
ヒューエルインジェクターよろしくエアクリーナーの吸入部に水を噴射していて、
思いっきりエンジンに吸い込んでたのだった・・・なんと言う偶然。負の奇跡。

原因は分かって、運良く切れ目はホースの端の近くだったので、
外して短く切って戻せばいいじゃん!と、思ったが、積んでいた工具は降ろしてしまっている。
車内を探すとマイナスドライバーが一本だけ・・・

運良くホースクランプのネジはマイナスだったんで、ホースは外せた。
さあ、ホースをどうしよう。この近所に知り合いのメカニックが住んでるから電話して
何か切るものを持って来てもらおうか?いや、日曜の早朝から叩き起こしてしまったら悪いな。
とか考えてみたが、とりあえず切れ目にマイナスドライバーを突っ込んでみると、
比較的簡単に切れ目が広がった。そこで、思いっきり引っ張るとイカめしのイカの胴体を裂くかの様にホースが切れた。よし。ホースを止めて修理完了。

水足すにも。近所に店はない。とりあえずフリーウェイに戻って店がある次の出口へ。
そこで思い出す。「確か非常用の水積んでなかったっけか?」(約3年前)
たたみっぱなしになっているリアシートの下に1ガロンの水があった!
それを足して終了。

その後も無事にフリーウェイを走って到着。帰りも問題無し。

今回学んだ事。
1、クーラントは腐るとちょっとシリコン臭い水になる。
2、やっぱりナイフの携帯は必要だ。もしくは工具セットに入れるべき。
3、車載工具はやはり必要。
4、やはり、古い車には水の携行は役に立つ。
5、やはり、ラジエーターキャップはプレッシャーリリースレバー付きに限る。
6、やはり、レザボアタンク付けといて良かった。
7、クルマが自分より年上という事を忘れるな。
8、こんな事でも、直せれば楽しい。やっぱりクルマ好きは直らない・・・喉元過ぎれば熱さ忘れるw


時間出来たらホースの交換と水回りのフラッシュしようっと。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

マシーンエイジ> 「何とかなっちゃう」これに尽きますね。
Ricky>エンジン回転数に応じて噴射量が増えるんで、いいかもねw ワコーズUS販売始めないかな〜。気持ちは「おらおらおら〜」なんだけどね。

もし クーラントでなくワコーズのFuel Oneだったら

「ポ〜〜!」が「おらおらどけどけおらおらぁ〜〜!」

位になったかもしれないので、次からはクーラントを

完全ドーピングですね

  • 投稿者: Ricky
  • URL
  • 2011/05/17(火) 12:37:29
  • [編集]

そりゃ、かなりの難題だ!

一瞬えっ!?ってことが起こるのがオールドカー。

日々いろんなパターンの故障案件を知らんとね。

因みにこの経験は無し。

でも、何とかなっちゃうんだよね〜。

いまどきのCPU搭載車と違って....

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する