Japan Trip

  • 2011/10/16(日) 17:02:35

最近、原稿をたくさん書いていたせいか、
タイプのノリが良くてブログを書くモチベーションがいいです。
で、今回の日本行きの話を。

なぜ、今回日本へタイトなスケジュールで行ったかと言うと、
それはG-Cueが開催するイベント大九祭にFrostを連れて行く為。
Frostをゲストで呼んで、213 to the 052を一緒に演りたいということで、
そのプロジェクトの橋渡しをしたオレにもゲスト&アテンドを頼んでくれたから。
今の時代には少ない、実に義理堅い漢だ。
春からずっとオファーしてくれていたんだけど、自分はギリギリになっても
忙しくて、せっかくだけど行けそうにないと断っても、ぜひ来てくれと言ってくれた。
本当はLAで飛行機に乗せて、日本でのケアは友人に頼もうとしていたが、
Frost & Scoopも一緒に行ってくれと言ってくれていて、そんな中、
週末だけくらいならなんとか調整が付いてギリで行けることになった。

とは言っても、LA出発前夜、徹夜で日本へLOWRIDAZROOTS用に
画像のアップをしていたんだけど、空港へ送ってもらう迎えが来ても、
まだ終わってない・・(汗)
で、とりあえず、アップしてるままで空港へ。FrostとScoopと合流してチェックイン。
そしてオレはアップの確認の為に一旦家に帰る(空港から近くだから出来る)はずが、
送ってくれて待機してくれていた友人たちのクルマがおかしい。これはヤバい!
とパニクりかけるのもつかの間、友人の「タクシーで行くしかないか?」の一言で、
正気に戻りタクシー乗り場へ走る。そんな時に到着した人たちで
タクシー街の列は延びる・・・焦る。
やっと乗ったタクシーで運転手に「実は今こんなトラブルで、飛行機に乗れるかどうか・・・
片付けて自分のクルマで急いで空港まで戻らないと」とか話してたら、
「オレが待っていて、空港に戻るの道乗っけてってやるよ」と言いながら
イイ感じでガンガン飛ばしてくれる(嬉)。家に付くと、アップはまだ終わっていない。
しょうがないのでストップしてハードディスクをバッグに詰めてダッシュでタクシーに飛び乗る。
運ちゃんイイ感じで帰りも飛ばしてくれる。
「I like the way you drivin bro! you drive fast like me!」などと盛り上げ、無事空港到着。
チップ弾んで、ダッシュ。Frost達と合流して、ゲートへ。
そしたらもう閉めはじめて焦る。最後の搭乗者。乗れて良かった。
あのタクシードライバーのおかげで助かった・・・・

〜続く

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する