締め切り前には物事はうまく進まない

  • 2012/03/26(月) 13:11:58

約束してもドタキャンや、うまく予定通りに進まない。
締め切りが迫っているのに、先週から撮影がうまく進まず、
しかも同時に他の仕事も進めないとならない。

ストレスレベル急上昇。
プランAダメで、プランBへ、それもダメでプランC、
それも土壇場でダメになってプランD。そして同時に進めている他の仕事も
すんなりとプランAでは進まず・・
しかも今日は大雨。立ちはだかる数々の障壁の追い打ちが・・

昨日ドタバタななか、追い討ちをかける様に喰らったパンク。
Wattsを走っていると、前輪から何か異音がする。クルマを停めて確認すると、
建築用の大きいネジがぐっさりと刺さっている。幸いエアの漏れはまだスローだ。
スペアタイヤに交換しようと思った時に思い出した。
数日前に、撮影中の車輛の故障を直すのに使った時に
車載ジャッキは、へし曲がってしまっていて使えない。

ならばタイヤ屋を探してパンク修理をするしか無いと思ってタイヤ屋を探すが、
やっと見つけても、土曜日の夕方遅くには閉まってしまっていた。
でも、ゲットーなとこには修理屋は多いのが幸いして、
三軒目にして開いてるタイヤ屋を発見。でも、
普通だったら信用しないで自分の車を持ち込まないなといった風情。

「開いてる?」と小料理屋に行く様に乗り込んでみると、「パンク直せるよ」と。
「いくら? 」
「ショルダーに近い所だから大きいパッチをしないとならない。フィフティーダラー」と
メキシカンのタイヤ屋は言った。
「フィフティー?」足下見られてんのか?と思いつつ、
「フィフティーなら直さない方が良いかもな〜どうしようかな〜」って言ったら
「ノー、ノー、ワン・ファイブ」
「フィフティー? ナット ファイブ ゼロ?」
「ノー。ファイブ ゼロ。ワン ファイブ」
「OK!」
お互いに発音が理解しにくい場合はこういう風に数字で確認するのだ。
その時、キャッシュを持って来んの忘れてた事に気付く。でも、財布は持っている。
急遽取材OKの電話もらって機材持って家を飛び出して、
キャッシュを持ってくるのを忘れてた。

「キャッシュ・オンリー」.....orz

幸いATMマシンが置いてあるリカーストアが近所にあったので、
歩いてキャッシュを降ろしに行って無事OK!

今日は大雨と強風の中、撮影に行ったので、
昨日パンク直しておいてホントに良かった。

風にあおられながら、ハイドロプレーニング気味なのか
フラつきながら走っていると
対向車線からオーバーヘッドの波がザップーン!
大雨のLAのフリーウェイは危険です。
ホント、スペアタイヤじゃなくて良かった。

雨が弱まると共に、ちょっと仕事も進んだかな。
友人達にも助けられた。
ホント、ネットワークは最重要だな。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する