MANIACOS

  • 2008/08/25(月) 14:54:27

今回も、ローマガ#88の裏話を。
USセレクションのページで、プラークの前に置かれた2丁の拳銃の画像が載ったが、
(実はMANIACOSの”M"型に2丁置かれている。)

オレは「カッコイイだろ〜?」と撮ったわけではない。
ステレオタイプなギャングスタなイメージを広めることには反対だ。
モデルガン持って映画のワンシーンを気取っているのとは大違いで、
銃は冷たく重たい、そして簡単に人を殺せる。
日本の平和な環境の中で生まれ育ったオレにとって非現実だったことが、
今まで知り合いや友人たちが殺され、失ってきた経緯で、現実として思い知らされてきた。
そして「あの映画でがあんな感じで銃持ってさ〜」なんて話していたことが、
“あんな感じ”で自分に突きつけられりゃ、現実になるわな。

だから撮影中に腰から抜いた拳銃を「こんなのどうだ?」と彼らが
プライドのプラークの前に置いたときに、彼らの現実として、
誇りと気合いの象徴のひとつとして撮った。
自分の身を、愛車を守るために銃の携行が必要なこともあるのが
LAの現実でもあるから。


オネーちゃんの写真を撮ってるだけがオレの仕事じゃないんだよ〜(笑)。


オマケに今回誌面で紹介できなかった画像を。



クロームフレームのショーカーレベルのクルマで走り、跳ばすRooster。
男前。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

Wow!

お褒めいただきました!

Mさん
ありがとう。
これからもよろしくお願いします。

菊地さんの今回のブログなんかすごい好きです。

  • 投稿者: M
  • URL
  • 2008/08/25(月) 20:51:09
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する