LOWな家

  • 2008/08/27(水) 01:49:03

先日行った家の話。
家の前に着くと、


玄関脇のポーチを見た時に
思わず目が行った物があった。
窓の内側に置いてあるフレーム。
(赤丸で囲んだところ)



木で作られたらしい3DのLowrider Manの作品。
シブい。 彼のロー魂を表しているんだろう。
なんか彼に似ている気もしてくる。

その家の主は
ペインターのDOC(ドック)。

日本では「ダーク」と呼ばれているが、
Doctorの省略形のニックネームのDOCだ。
発音をカタカナで書くと「ドァック」って感じかな。
だから「ダーク」にも近い。
音的には「ダック」っぽいんだけど、はっきりと
カタカナの「ダ」の音でダックというと
Duck=アヒルになってしまうので注意。

陽気な気の良いオッサンといった人だが、
マスキングテープを持たせるとスゴイ!

彼の用事で出かけた時のこと。
ちょうど知り合いのボディーショップの隣だったんで、
ここ、「よく来てたんだよな〜」って言ったら、
「知り合いか?よし行こう!」といって中へ。
「オレはカスタムペイントをやるんだ。必要だったら呼んでくれ。」
と営業活動。
フレイムスの話になると、「フレイムスは得意だぜ」と言って
マスキングテープを取り出し、そばにあった冷蔵庫の扉に
ス〜ッス〜ッとキレイなフレイムスのマスキングを一瞬にしてキメた。

カッコイイ!!

粋なオヤジ。

何回かウチの娘も一緒にいて、彼女は子供に優しいDOCの事がお気に入りだ。
彼はいつも口に楊枝をくわえているのを見て、
「なんでDOCはいつも楊枝をくわえてるの?」と聞いてきた。
「う〜ん、好きだからじゃない?」くらいにしか答えられなかった。

それからしばらくしてある日、
娘と食事を済ませ、店を出たときに
「Daddy!」と呼ぶんで、振り返ると、
「DOC!」と言いながら楊枝をくわえDOCのマネをしていた。
大爆笑!
100点!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する