音楽の続き

  • 2008/02/13(水) 11:52:51

音楽の続き。
ディスコ系の曲の延長で、当時は”SOUL”という大まかなくくりだったと思うが、AOR、アダルト・
コンテンポラリー、コンテンポラリー・ダンスとか色々呼ばれてた辺が大好きだった&今も好き。
その頃ディスコから、その頃聞くようになってきたHIP HOPへと流れていった。

今、思えば当時伊勢佐木町のディスコでRUN DMCのライブを見るという今じゃ考えられない
時代。ミニトラックに興味を持ち、「アメリカじゃRAPで決まりらしいじゃん」ってな感じで、必死に
ミニトラックでRUN DMC、NWA、PUBLIC ENEMY、ICE-Tとかを外に聞こえるようにガンガン
かけてた。(この頃はまだウーハーとかポピュラーじゃなく、みんな粗大ゴミの家庭用スピーカーとかばらしてつけてた。) そのあと、アメリカに移住したのもあってHIP HOP,R&Bがメインになっていた。いわゆるG-FUNKのERAはいまだに好きだけど、ここ数年のHIP HOPはあまり好きじゃない。
「苦、苦〜」言ってんのがうるさいし、「オレはギャングスタ・俺は不良だヘイへヘ〜イ!」みたいのも聴いていて楽しくない。疲れる。ラジオも金で買ったヘヴィーローテーションばっかで、本当のヒット曲でなくなってしまった。だからクルマで聴くのもオールドスクールやJAZZ、クラッシック・ロックなどになってきた。
自分の10代から20代に聞いてた曲というのはいまだに聴きたくなる。そんな俺がシビレているのがインターネットラジオ。ひょんなトコから見つけたUKのステーションがチーター物!アメリカの選曲じゃない、UKというのが当時日本でも流行っていた、アメリカではかからない曲がかかる理由。当時日本はUKアーチストの曲もフツーに入ってたもんね。70〜80年代のノリのソウルバーでかかるような曲と言えばわかり易いかな。
http://www.soulconnexion.com/ オヤジ心にグッと来る。CMもウザくないし、なんたってFREE!
今10代〜20代の人達にも、逆に新鮮だったり、HIP HOPのネタが知れたり面白いんではないかな。オヤジ達はただ涙・・・。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する